2010年02月13日

漂着ポリ容器 ハングル4割(産経新聞)

 環境省は5日、毎年冬に日本海沿岸を中心に流れ着くポリ容器が1月末までに全国で1万1703個確認され、ハングルが記載されている容器が約4割にのぼったと発表した。強酸性の液体や廃油が入った容器もあり、同省は「漂着ゴミを触らないように」と呼びかけている。

 同省などによると、昨年12月ごろからポリ容器が漂着し始め、北海道や秋田、など18道府県の海岸で確認された。最も多かったのが秋田県の1923個で、石川県の1921個、島根県の1674個、山口県の1392個と続く。うちハングルが書かれていたのが4709個、英語が149個、中国語は85個あった。

 一昨年は4万3000個と多かったが、昨年は約1万7000個で、同省は「今年は昨年とほぼ同レベル」としている。

【関連記事】
漂着ゴミは「宝の山」 燃料化の実験スタート
珍種・深海クジラの死骸漂着 鹿児島・奄美大島の海岸
「漂着物に触らないで」 海水浴で国交省が呼びかけ
漂着ゴミ処理支援に自治体の申請殺到
集中豪雨による大量ゴミの漂着で牛窓海水浴場閉鎖 岡山

<タミフル>副作用不認定 医薬品機構側が勝訴 岐阜地裁(毎日新聞)
<「梁山泊」脱税>代表と2社を起訴…大阪地検特捜部(毎日新聞)
<石川知裕議員>辞職勧告、結論出ず 衆院議運(毎日新聞)
横浜事件、実質無罪=刑事補償を決定−裁判打ち切りの元被告・地裁(時事通信)
<自然科学観察コンクール>東京で表彰式行われる(毎日新聞)
posted by イワキ マサノリ at 04:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。