2010年04月13日

「たちあがれ日本」旗揚げへ=反民主、「第三極」目指す−平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)

 無所属の平沼赳夫元経済産業相(70)、自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相(71)らは10日午後、都内のホテルで記者会見し、新党「たちあがれ日本」の結党を発表する。政党要件を満たす国会議員5人で発足し、代表には平沼氏、「共同代表」に与謝野氏が就任。夏の参院選で民主、自民両党から離れた有権者の受け皿となり、「第三極」として影響力を確保することを目指す。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

ヒロミさんが接触事故 東京・港区(産経新聞)
<女性変死>名古屋のアパート自室で 頭部にこぶ状の外傷(毎日新聞)
弟助けようと海に飛び込み、10歳兄死亡(読売新聞)
首相動静(4月10日)(時事通信)
ホワイトビーチ案断念=普天間移設、徳之島が軸に−政府(時事通信)
posted by イワキ マサノリ at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。